新着情報RSS

2017年04月27日
GW休業のお知らせ

●GW休業期間
 2017年4月29日(土)~
  2017年5月8日(月)

※休業期間中のお問い合わせについては、2017年5月9日(火)より順次ご対応をさせていただきます。

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
出版社から選ぶ
商品名を入力

Dear Medicの電子書籍を読むには、『Adobe IDの取得』と『専用リーダーソフトのダウンロード』が必要となります。

ダウンロードの詳細方法は「ヘルプページ」で!

  • ●Adobe IDを取得する

    AdobeID

  • ●Windows/Macintoshで閲覧する

    Adobe Digital Editions


  • ●iPhone/iPadで閲覧する

    App Store

  • ●Androidで閲覧する

    Google play

Rad Fan (11月号臨時増刊号) 14巻 14号

商品コード:
0-1087-0613
著者:
唐澤久美子ほか
出版社:
メディカルアイ 出版社HP
発行:
2016年
ページ数:
103ペ-ジ
ファイル容量:
35.50MB

ポイント: 0 Pt

  • 選択してください。

内容紹介

Rad Fanは放射線科医らが自ら編集に深く関わり、放射線医学に関する話題を広くとりあげて医師、技師、企業人など放射線医学に関わるあらゆる方々を対象に、放射線医学のファンとして、この仕事を選んだ医師・技師・企業技術者・営業担当者などみんながより“楽しく”仕事ができることを願って創刊するものです。

目次

Rad Fan TOPへ



※論文単位での購入時は、目次の論文タイトルをクリックしてください(1論文540円(税込))。

--掲載全論文--

TECHNICAL NOTE

▶PSPの治療RIS「ARIStation RT」の特長と有用性
PSP

がんプロフェッショナル10年の総括

がんプロ10年における医学物理教育の総括
角谷倫之 (東北大学病院)

▶明日への架橋 AAPM2016参加レポート
2016年米国医学物理学会年次大会(AAPM 2016)参加報告
河原大輔 (広島大学病院・広島大学)


▶明日への架橋 ASTRO2016参加レポート
ASTRO参加印象記
河野佐和 (東京女子医科大学)


▶Ion Beam Applications社ブース取材レポート
〜「Proteus One」と最新技術に注目が集まる



【Rad Museum】

▶序文
唐澤久美子(東京女子医科大学)


【DIVISION 1】定位照射の適応拡大

CLINICAL REPORT

中枢性肺癌
木村智樹(広島大学病院)

中枢性肝細胞癌
武田篤也(大船中央病院)

前立腺癌に対する定位放射線治療の現状と課題
宮澤一成(埼玉医科大学国際医療センター)ほか

脊椎転移に対する定位放射線治療
伊藤 慶(がん・感染症センター都立駒込病院)ほか

腎細胞癌の定位放射線治療
大西 洋(山梨大学医学部附属病院)


【DIVISION 2】IMRTの新たな展開

CLINICAL REPORTM

VMAT(回転型強度変調線治療)による定位照射(SRT)
山下英臣(東京大学医学部附属病院)

膵がんに対する追尾IMRT
後藤容子(京都大学)ほか

前立腺癌術後再発に対するIMRT
幡野和男(東京ベイ先端医療・幕張クリニック)


【DIVISION 3】粒子線の現状とこれから

CLINICAL REPORT

本邦での陽子線治療の現状と統一治療方針
櫻井英幸(筑波大学)

重粒子線がん治療における臨床研究の現状と今後
塩山善之(九州国際重粒子線がん治療センター)

粒子線の現状とこれから〜今後の道筋〜
白土博樹(日本放射線腫瘍学会粒子線治療委員会 陽子線治療・重粒子線治療合同ワーキンググループ)


TECHNICAL REPORT

▶住友重機械の粒子線治療システム
平林誠之(住友重機械工業)

▶東芝重粒子線治療装置の最新動向
平田 寛(東芝)

▶日立の粒子線治療システム
日立製作所

▶粒子線治療装置の技術革新
大谷浩司(三菱電機)

▶The MEVION S250 Proton Therapy System─A Compact, Efficient, and Cost-Effective Proton Therapy System
Dalong Pang, Ph.D(. Chief, Division of Radiation Physics Associate Professor of Radiation Medicine Georgetown University Hospital)


【DIVISION 4】より高精度の照射のために

CLINICAL REPORT

より高精度の照射のためにGold Anchorマーカ
稲葉浩二(国立がん研究センター中央病院)ほか

ディスポーザブルゴールドマーカー
井上哲也(北海道大学病院)

金属マーカを用いた肝・前立腺の高精度治療~VISICOILの経験~
塚本信宏(さいたま赤十字病院)ほか

iGold─前立腺癌・肝癌における体内金属マーカー
西岡健太郎(北海道大学病院)


TECHNICAL REPORT

ハイブリッドイメージガイドシステムClarity®のご紹介
天野 司(エレクタ)

科で探す >
放射線科
> Rad Fan (11月号臨時増刊号) 14巻 14号
科で探す >
外科
> Rad Fan (11月号臨時増刊号) 14巻 14号
職業で探す >
臨床検査技師
> Rad Fan (11月号臨時増刊号) 14巻 14号
内容で探す >
臨床医学:一般 >
放射線医学・核医学
> Rad Fan (11月号臨時増刊号) 14巻 14号
内容で探す >
臨床医学:一般 >
臨床検査診断学
> Rad Fan (11月号臨時増刊号) 14巻 14号
内容で探す >
臨床医学:外科系 >
外科学一般
> Rad Fan (11月号臨時増刊号) 14巻 14号
内容で探す >
医療技術 >
臨床放射線技術
> Rad Fan (11月号臨時増刊号) 14巻 14号
このページの先頭へ